【Unity】サクッと使うTimeline

Timelineの基本的な使い方を紹介します。

Unity2018.1.4

Timelineとは

TimelineとはUnity2017からUnityに組み込まれた機能です。
シーン上にあるAnimationやサウンドやParticleSystemなどを使って一つのタイムラインアニメーションを作れます。

f:id:halya_11:20180828140044p:plain

Timelineのセットアップ

  1. Projectビュー右クリック > Create > Timeline
  2. GameObjectを作成 > Playable Directorをアタッチ
  3. Playable DirectorのPlayableフィールドに1で作ったアセットを入れる
  4. Window > Timeline でTimelineウィンドウを開く

GameObjectの表示非表示を切り替える

  1. TimelineウィンドウのAddボタン > Activation Track
  2. TrackにGameObjectの参照を持たせる

f:id:halya_11:20180822135708p:plain

これでActivateクリップの期間だけGameObjectが表示されます。

音を鳴らす

  1. TimelineウィンドウのAddボタン > Audio Track
  2. TrackにAudio Sourceの参照を持たせる
  3. Trackを右クリック > Add From Audio Clip で音源を選択する

f:id:halya_11:20180822140050p:plain

モーションを再生する

  1. TimelineウィンドウのAddボタン > Animation Track
  2. TrackにAnimatorがアタッチされているGameObjectの参照を持たせる
  3. Trackを右クリック > Add From Animation Clip でアニメーションを選択する

f:id:halya_11:20180822140827p:plain

Animationを作って再生する

アニメーションが設定されていないGameObjectに対してTimeline上でアニメーションをつけることもできます。

  1. TimelineウィンドウのAddボタン > Animation Track
  2. TrackにAnimatorがアタッチされて"いない"GameObjectの参照を持たせる
  3. メニューが出てくるので、Create Animator on (GameObject名) を選択
  4. 編集するframeを指定してTrackのRecordボタンを押す(赤い丸)
  5. GameObjectのプロパティ(位置など)を編集する
  6. TrackのRecordボタンを押す
  7. 4~6を繰り返してキーを指定する

f:id:halya_11:20180828133345p:plain

Animationで編集できるプロパティはすべてアニメーションできます。
また、内部的にAnimationファイルが作成され、timelineファイルのサブアセットとなります。

f:id:halya_11:20180828133533p:plain

ParticleSystemを再生する

  1. TimelineウィンドウのAddボタン > Control Track
  2. Trackを右クリック > Add Control Playable Asset Clip
  3. 追加したClipをクリック > InspectorのControl Playable Asset > Source Game ObjectにParticle Systemのオブジェクトを入れる
  4. Control Playable Asset > Advanced > Control Particle Systemをチェックする
  5. Control Playable Asset > Advanced > Random Seedに適当な値を入れる

f:id:halya_11:20180828134222p:plain

f:id:halya_11:20180828134256p:plain

毎回同じ結果にするため、Particle Systemのシード値は固定されます。

ほかのTimelineを再生する

あるTimelineから他のTimelineを再生することもできます。

  1. TimelineウィンドウのAddボタン > Control Track
  2. Trackを右クリック > Add Control Playable Asset Clip
  3. 追加したClipをクリック > InspectorのControl Playable Asset > Source Game ObjectにPlayable Directorのオブジェクトを入れる
  4. Control Playable Asset > Advanced > Control Playable Directorsをチェックする

f:id:halya_11:20180828134802p:plain

f:id:halya_11:20180828134822p:plain

TimelineのDurationを自分で決める

TimelineのDurationはデフォルト設定だと内包するクリップの長さに依存します。
自身でDurationを指定するには次のようにします。

  1. timelineアセットを選択する
  2. InspectorからDuration Mode > Fixed Lengthを選択する
  3. Durationを入力する

f:id:halya_11:20180828135239p:plain

Timelineアセットを使いまわす

Timelineを他のシーンなどで使いまわすには次のようにします。

  1. PlayableDirectorを適当なGameObjectにアタッチ
  2. Playableフィールドに使いまわすTimelineアセットを入れる
  3. Bindingsにコントロール対象のオブジェクトを持たせる

f:id:halya_11:20180828135744p:plain